FOREXSTユーザガイド 2019.04.30FOREXST 利用規約口座開設上場後 (2018.06.09~)に100,000 PELO以上を購入された方100,000~999,999 PELO保有の方1,000,000 PELO以上保有の方口座開設口座開設後の手続きMT4の環境構築インストールMT4の起動~ログイン拡張設定日本語化気配値表示の削除ニュースの削除チャート・ヒストリーの最大ロウソク足数を減らすエントリー時に携帯端末に通知させるチャートに日本時間を表示するEAのセットアップEAのインストールEAの設定重要EAパラメータの設定方法重要 : 設定の最適化について自動売買の停止・再開バックテストバックテストとはバックテスト専用環境の構築バックテストの設定パラメータの最適化スタイルに合わせた最適化の例バックテストのコツフォワードテストポイントVPSの利用・業者選択為替で使われる用語についてトラブルシューティング・FAQトレードを行わないEAの認証に失敗するPELO裁量支援ツール(仮)利用ガイドツールのセットアップインストール各部名称・概要1. 共通設定2. ナンピン管理3. バスケット管理4. ヒストリー管理5. その他6. 通貨ペア選択7. オーダー8. 基本設定9. 簡易チャート10.ログ基本的な使い方ナンピンストラテジー (仮)バックテスト準備~実行までパラメータの設定~指値位置の確認実稼働の開始指標トレードエントリする指標の選定・日時の確認指標にあわせたツールの設定エントリ~決済まで[土日でも練習可能] トレード練習と成績分析

FOREXSTユーザガイド 2019.04.30

1528553433728

 

このマニュアルでは、FOREXSTを利用するための手続きについて説明します。

FOREXST 利用規約

当社が提供するEAを利用される方は、以下規約に同意されたものとみなします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2018 年 6 月 発行)

口座開設

 

 

上場後 (2018.06.09~)に100,000 PELO以上を購入された方

step. 01

取引所アドレス以外のPELOトークンを保管できる、ERC-20準拠トークン対応のウォレットを用意してください。

お持ちでない方・よくわからない方はこちらのpdfを参考にウォレットを作成してください。

LivecoinのPELO ウォレットアドレスは利用できません。お間違えのないようご注意ください。


step. 02

こちらよりPELO会員サイトへの登録を行ってください。

「受け取り用イーサリアムアドレス」の欄には、step. 01 で取得した、0x からはじまる42文字の英数字を入力してください。

1528715356297

 

ページ最下部, 「新規登録」をクリックすると、PELOマイページへの登録が完了します。

1528715394041


step. 03

livecoinにアクセスし、ログインのうえ「BALANCE」を選択してください。

1529573017832

 

通貨リストの「PELO」の欄から、「WITHDRAWAL」を選択してください。

1529572957520

 

以下のような画面が表示されます。確認・入力次項は以下表のとおりです。

銀行等で行う法定通貨の送金とは異なり、暗号通貨は送付先のアドレスを間違えたなどのケースでは、誤送金分は返還されません。

十分ご注意のうえウォレットアドレスを入力していただき、初回は少額の試し送金を行うことを強く推奨いたします。

確認が終わりましたら、「SEND A PAYMENT」を選択することで送金が開始されます。

表示概要
Fee送付あたりの手数料
Amount, PELO送付したいPELOの数量
PELO Coin address送付先のウォレットアドレス (step. 02で設定した受け取り用イーサリアムアドレス)

1529573518867


step. 04

step. 01で作成したウォレットの残高を確認し、取引所から送付した分のPELOが増加しているかご確認ください。

また、PELOの数量自体が表示されない場合はこちらを参考に、カスタムトークンの追加作業を行ってください。

1529577334445

 

 


step. 05

PELO マイページに登録したウォレットアドレス内の残高が

999,999 PELO未満の方は 当マニュアル内「口座開設」 -> 「100,000~999,999 PELO保有の方」の step. 01に移動してください。

1,000,000 PELO以上の方は、当マニュアル内「口座開設」 -> 「1,000,000 PELO以上保有の方」の step. 01に移動してください。

 

 

100,000~999,999 PELO保有の方

step. 01

こちらのリンクにアクセスし、ページ下部の「新規リアル口座を開設」をクリックしてください。

※100,000 ~ 999,999 PELO保有の方は必ずこちらのリンクから開設をお願いいたします。そうでない場合EAのダウンロードができなくなります 。

※ブラウザのcookieを無効にしている方は紹介リンクが有効になりません。cookieを有効にした上でアクセスをしてください。

※追加口座の場合は、恐れ入りますが、IB名を「SS」としていただき スタンダード口座の追加発行でご対応ください。

※法人口座の場合も問題なく上のリンクから登録していただけます。

1528553871682

 


step.02

次の画面が表示されますので、必要事項を記入して下さい。

1528554004784

 

記入は半角のヘボン式ローマ字で行います。以下の記入例と、

参考ローマ字一覧表を見てご利用下さい。

img

参考:ヘボン式ローマ字一覧表

https://www.japannet.jp/ca/procedure/apply/hebon.pdf

1528554059783

 


step. 02

1528554113526

 


step. 03

口座タイプは必ずStandardを選択してください

1528554123804

 

1528554134626

 


step. 04

1528554145637

 

「私はロボットではありません」にチェックを入れると次のようなウィンドウがポップアップしますので、画像の指示に従ってください。

1528554158648

 


step. 05

画像認証が終了すると、以下の画面に遷移します。ご利用のメーラーに移動してください。

1528554172209

 

backoffice@titanfx.comより、以下のタイトルのメールが届きます。

「【重要】口座開設の最終ステップ:MT4口座を開設するためにボタンを押してください」

メールをひらき、「MT4口座開設」ボタンをクリックしてください。

1528554291712

 


step. 06

次の画面に遷移します。先ほど登録したメールアドレスとパスワードでサインインしてください。

1528554310918

 

backoffice@titanfx.com より、以下のタイトルのメールが届きます。

「【重要】TitanFX : MT4口座ログイン情報」

このメールに記載のある口座番号(ログインID)をPELOサイトに登録します。

img

以下のエラーが出る場合は、こちらのリンクより、サポートに

「クライアントキャビネット画面で Oh snap! Change a few things up and try submitting again. というエラーが発生しました。

MT4口座ログイン情報の送信をお願いします。」という文面での連絡をお願いいたします。

1528909957369

 


step. 07

PELOサイトマイページにログインし、プロフィール編集画面をご覧下さい。

ログインページ

プロフィール編集ページ

ページ最下部に、EA希望のチェック項目があります。こちらにチェックを入れ、「EA稼働口座番号」に先ほど届いたメールに記載の口座番号(ログインID)を記入して下さい。

img

最後に、会員情報の更新を押します。

情報が登録されました。

img

 

運営による確認後、1週間以内にEAと稼働に必要な認証コードがマイページからDLできるようになります。

 

 

 

1,000,000 PELO以上保有の方

1,000,000 PELO以上保有されている方は、100,000~999,999 PELO保有の方と同じリンクから口座開設を行うと、IBブローカを自由に選べるメリットが失われます。

指定ウォレットの残高が1,000,000 PELOを下回った場合、100,000~999,999 PELO保有の方用の口座開設手続きが再度必要になります。

 

口座開設

1,000,000 PELO以上保有している方は、国内・国外問わずご自由にFXブローカを選択してご利用いただけます。

また、IBも自由にセルフバック・他IBブローカ等選択することが可能です。

 

国内外ブローカのちがい

 国内国外
税金面分離課税 (一律約20%)総合課税 (課税所得の増加に従って税率変動, 仮想通貨と損益通算可能)
スプレッド狭い (相場急変時には大きく開く)広い (相場急変時にもあまり変動しない)
信託保全義務化義務化されていない
最大レバレッジ~25倍 (法改正により引き下げ可能性有)~500倍前後
最低必要証拠金(1万通貨換算)国外の10倍~程度 (ブローカによる)15万前後 (ロスカット維持率20%換算)
IBの利用基本的に不可可能なところが多い
預入証拠金額以上の損失出る可能性がある基本的に出ないシステム (ゼロカット)

 

 10万PELO以上100万PELO以上
IBのキャッシュバック先プロジェクトのIB口座ユーザ様のIB口座
キャッシュバックの利用用途50%をPELO買い上げに利用制限無し

 

IBとは?

スプレッド手数料の一部を、取引毎にキャッシュバックという形で顧客が受け取れる仕組みです。

以下図のような形が一般的なブローカとユーザの関係です。この仕組みを利用することにより、取引手数料の削減が望めます。

1533548387253

 

IBブローカ名備考
Taritaliry利用
FinalCashBack 
CASHBACKFOREX 

 

FXブローカ (後日拡充予定)

ブローカ名地域スプレッドロスカット維持率備考
TitanFX国外 (日本語対応可)1.4 pips~20% 
Axiory国外 (日本語対応可)1.4 pips~20% 
---------  
FXTF日本国内0.3 pips~100% 
OANDA JAPAN日本国内0.4 pips~50%プロ口座 / Oanda Japan FX口座のみEA利用可能
外為ファイネスト日本国内0.4 pips~100% 

海外ブローカを探すための方法について

こちらのサイトでReviews, Ratingの数が高いものを選び、更にユーザレビューに対しブローカ側がある程度返答しているものに絞って探すことをおすすめします。

 

 

口座開設後の手続き

PELOサイトマイページにログインし、プロフィール編集画面をご覧下さい。

ログインページ

プロフィール編集ページ

 

ページ最下部に、EA希望のチェック項目があります。こちらにチェックを入れ、

「EA稼働口座番号」に、開設したブローカから送付された口座番号を記入して下さい。

口座番号はMT4のログインに使うIDと同一のものです。

ブローカのマイページや、国内ブローカの場合は郵便で送付される書類などから確認できます。

最後に、会員情報の更新を押します。

img

 

情報が登録されました。

img

 

運営による確認後、1週間以内にEAと稼働に必要な認証コードがマイページからDLできるようになります。

 

MT4の環境構築

インストール

step. 01

こちらにアクセスし、最下部の「MT4のダウンロード」をクリックし、MT4インストーラ (titanfx4setup.exe)をダウンロードしてください。

1528915487591


step. 02

ダウンロードが完了したら、インストーラを実行してください。実行すると以下の画面が表示されるので「次へ」をクリックしてください。

1528917495477

 


step. 03

プログレスバーが100%になり、インストールが終了すると以下の画面が表示されます。「完了」をクリックしてください。

1528917675495

 

MT4の起動~ログイン

step. 01

インストール終了後、デスクトップにMT4のショートカットが作成されています。以下のアイコンをクリックしてMT4を起動してください。

1528917759691

 


step. 02

MT4が起動すると以下の画面が表示されます。

1528917875312

 

画面中央を拡大したものが以下の画像です。「Address」の欄を確認し、「【重要】TitanFX : MT4口座ログイン情報」メールに記載されていた「サーバー」の項目に対応するものを選択し、「次へ」をクリックしてください。

1529218501083

 


step. 03

ログイン情報を入力するための画面が表示されます。「Existing trade account」のラジオボタンを選択し、

「Login:」欄には「【重要】TitanFX : MT4口座ログイン情報」メールに記載されていた「口座番号(ログインID)」の項目に対応するものを,

「Password:」欄には同メールに記載の「パスワード」の項目に対応するものをそれぞれ入力し、「完了」をクリックしてください。

1529218825889

 


step. 04

ログインが成功すると、効果音とともに画面が以下のような状態に変化します。これでMT4の初期設定は終了です。

次項の拡張設定、EAのセットアップに続きます。

1529219165407

 

拡張設定

この項ではMT4をより使いやすくするための設定について紹介します。

設定を行わなくても利用することはできますが、パフォーマンスの改善が見込めるため設定することを推奨します。

 

日本語化

メニューより、View -> Languages -> Japaneseを選択し、「Restart」をクリックしてください。自動的に日本語環境のMT4が起動されます。

また、以降は日本語環境のMT4に準じた説明とします。

2018-06-17_19-52-32

 

 

気配値表示の削除

step. 01

MT4ウィンドウ内左上に位置する「気配値表示」を複数表示させておくと、パフォーマンスの低下が発生します。

これを防ぐための手順は以下の通りです。

まず、MT4ウィンドウ内に表示された4つのチャートをすべて閉じてください。

2018-06-17_19-54-31

 


step. 02

つぎに、気配値表示ウィンドウからいずれかの通貨ペアを選び、右クリックから「すべて非表示」を選択してください。

2018-06-17_19-57-12

 


step. 03

再度、気配値ウィンドウ内で右クリック、「通貨ペア」を選択してください。

「FX Majors」内の「USDJPY (US Dollar vs Japanese Yen)」をダブルクリックし、「閉じる」を選択してください。

気配値ウィンドウ内に「USDJPY」の表示がされていれば正常に完了しています。

2018-06-18_18-42-44

 

ニュースの削除

MT4には金融関係のニュースを表示する機能がありますが、EAの利用には関係ないこと、網羅性や見やすさが特段優れているわけではないことから、機能をオフにすることを推奨します。オフにするための手順は以下のとおりです。

メニューより、ツール -> オプション を選択し、「サーバー」タブ内の「ニュースを有効にする」チェックを外してください。

2018-06-18_15-53-18

 

 

 

チャート・ヒストリーの最大ロウソク足数を減らす

MT4のチャート上に表示されるロウソク足の数は、デフォルトの設定だと過剰な量が描画され、パフォーマンスの低下に強く影響します。

スペックを伸ばせないVPS環境ではもちろん、高スペックPCで稼働させる場合にも以下の設定を行うことを推奨します。

メニューより、ツール -> オプション -> チャート を選択し、「ヒストリー内の最大バー数」ならびに「チャート内の最大バー数」を「5000」に設定してください。

2018-06-18_15-55-13

 

 

エントリー時に携帯端末に通知させる

EAがポジションを持ったときに即時通知を受け取るようにすることで、ポジションの把握をしやすくなるだけではなく、より利益率を高めるため、裁量で早めに決済をするなどの判断が行いやすくなります。


step. 01

ご利用のスマートフォンで以下のアプリをダウンロードしてください。

Androidはこちら / もしくはPlay Storeで MetaTrader 4で検索してください。

iPhoneはこちら / もしくはiTunes StoreでMetaTrader 4で検索してください。

以後の解説画像はAndroid版のMetaTrader 4となりますが、iPhone版でも概ね設定方法は同じです。

 


step. 02

この設定を行わなくても通知を受け取ることはできますが、スマートフォン経由での決済やリアルタイムにポジションの確認が可能となるため、特に理由がない場合は設定することをおすすめいたします。

ダウンロードしたアプリケーションを開くと、「気配値」の画面が表示されます。

左上の設定 -> 口座管理 -> 右上の「+」をタップ -> 「既存のアカウントにログイン」を選択してください。

「証券会社を検索」に「TitanFX」と入力し、ご利用の口座に対応するサーバを選択してください。

「ログインID」ならびに「パスワード」を入力し、「ログイン」をタップしてください。

2018-06-21_04-54-51_

 


step. 03

左上の設定 -> 設定 -> MetaQuotes IDをタップし、「マイID」をメモしてください。

2018-06-20_06-48-58_

 

iPhoneの「マイID」の取得は、赤枠内「チャットとメッセージ」をクリックすると次のページの下部にIDが表示されます。

1529792538417

 


step. 04

PC版MT4のメニューより、ツール -> オプション -> 通知機能を選択してください。

「プッシュ通知機能を有効にする」にチェックをいれ、「MetaQuotes ID」欄に step. 02でメモを行った「マイID」を入力してください。

複数の携帯端末で通知を受信したい場合は、端末ごとのマイIDを「MetaQuotes ID」欄にカンマ区切りで入力してください。

例 : スマートフォンのマイID = A0123456 タブレットのマイID = B0123456 のとき

MetaQuotesID 欄に A0123456,B0123456 と入力してください。

2018-06-21_06-12-48

 

 


step. 05

「テスト」ボタンをクリックしてください。スマートフォンにMT4の通知が表示されれば正常に設定が完了しています。

1529538815405

 

1529540179925

 

 

チャートに日本時間を表示する

MT4では外国為替市場の取引時間との関係から、チャートに表示されている時刻はGMT+9 (日本時間)ではありません。

TitanFXの場合ですと夏時間がGMT+3, 冬時間がGMT+2です。日本はGMT+9ですから、夏は6時間、冬は7時間の時差が発生します。

ほとんどのブローカがGMT+3, +2を採用しておりグローバルスタンダートとなっているため、MT4上の表記に慣れることをおすすめします。

しかしながら始めは日本時間が表示されていないと時刻の関係性がわかりづらいため、ここではチャートに日本時間を併記する方法を解説します。

 

1530521792669

 


step. 01

MT4メニューより ファイル -> データフォルダを開く -> MQL4 -> Indicators フォルダを開いてください。

2018-07-02_18-29-27

 


step. 02

こちらから「JPN_Time_SubZero_mod.zip」をダウンロードし、中身の「JPN_Time_SubZero_mod.ex4」ファイルを、step. 01で開いた「Indicators」フォルダに解凍してください。

2018-07-02_18-34-34

 

 


step. 03

MT4 ナビゲーターウィンドウで右クリック「更新」を選択してください。

インディケーターリストに「JPN_Time_SubZero_mod」が表示されるので、日本時間を表示したいチャートにドラッグドロップ、「OK」を選択してください。

また、パラメータの概要は以下表のとおりです。

2018-07-02_18-38-15

 

 

変数概要
Gridチャート上に表示される日本時間の箇所に、わかりやすいよう縦線が表示されます。falseで非表示です。
GridColorGridの色を変更することができます。
FontSize時間表示箇所の文字サイズを変更することができます。
TextColor時間表示箇所の文字色を変更することができます。

 

 

EAのセットアップ

大まかな流れ

  1. EAのインストールを行う
  2. バックテスト環境の構築を行う
  3. 資金や取引スタイルにあわせたパラメータ値をバックテストで求める
  4. 求めた値を使って運用を開始する

EAのインストール

step. 01

PELO マイページにログインし、「EAダウンロードURL」リンクから「FOREXST.zip」をダウンロードしてください。

 


step. 02

MT4のメニューより、ファイル -> データフォルダを開く を選択してください。

Windowsエクスプローラで以下のパスのフォルダが開かれます。

フォルダ内のMQL4 -> Experts を順にクリックして開いてください。

2018-06-18_17-45-39

 


step. 03

step. 01でダウンロードした「FOREXST.zip」を解凍し、中身の「FOREXST.ex4」を、step. 02でひらいた「Experts」フォルダに移動またはコピーしてください。

(2019.1.18以降のバージョンではMt4Redis.dllの必要が無くなったため、zipファイルには同梱されておりません)

2018-07-29_17-18-00

 


step. 04

MT4の画面に戻り、左下の「ナビゲーター」ウィンドウ内の「エキスパートアドバイザ」をダブルクリックしてください。

次に、「エキスパートアドバイザ」を右クリックし、「更新」をクリックしてください。

エキスパートアドバイザ一覧に「FOREXST」が追加されていればEAのインストールは完了です。

2018-06-18_18-25-50

EAの設定

step. 01

MT4 メニューより、ツール -> オプション -> エキスパートアドバイザを選択し、「自動売買を許可する」ならびに「DLLの使用を許可する」にチェックをいれてください。

2018-06-19_02-31-09

 

 

 


step. 02

MT4 メニューより、ファイル -> 新規チャート -> USDJPYを選択してください。USDJPY 1時間足のチャートが起動します。

チャート内を右クリック -> 時間足設定から「4時間足」を選択し、つぎに「5分足」 を選択、

または画面上部の時間足選択画面より「H4」を選択し、つぎに「M5」を選択してください。

画面上部のボタンよりお好みでチャートをズームしたり、バーチャートをロウソク足チャートに切り替えることもできます。

こちらの手順が完了したら、いったんMT4の再起動を行ってください

 

2018-06-21_20-17-03

 

 


step. 03

ナビゲーターウィンドウから「FOREXST」を、step. 02で開いたチャートにドラッグ&ドロップしてください。

表示されたウィンドウから「パラメータの入力」タブを選択、パラメータを適宜設定し、「OK」をクリックしてください。

パラメータの設定方法については次項を必ず参照してください。

重要

ポジションを持った時点で維持率が100~300%台になるような、いわゆる「フルレバ」での取引を行った場合、相場の急変動によって容易に資産を失う恐れがあります。

FOREXSTは、BTCST for bitFlyerに搭載されている、いなご自動売買のようなある程度フルレバを許容するものとは性質がまったく異なります。

必ず自身の資金量とそれに対する安全なロットを計算した上でパラメータを設定してください。

2018-06-18_20-29-19

 

認証が正常に完了していると、チャートに「FOREXST [ ver ] 認証成功/正常稼働中」と表示されます。

1529337630842

 

正常稼働中の表示がされない場合

こちらの「ダウンロード」から、ご利用のOSが32bitの方はvc_redist.x86.exeを、64bitの方はvc_redist.x86.exevc_redist.x64.exeの両方をダウンロード、インストールを行い、MT4再起動のうえ再度「正常稼働中」の表示がされるか確認してください。

 

EAパラメータの設定方法

 

FOREXST v2 (2019.01.15リリース) で新しく追加されたパラメータは青背景で表示しています。

パラメータ名デフォルト値効果
FST_PELOWalletAddress-PELO マイページに登録したイーサリアムアドレスを入力してください
FST_UserName-PELO マイページのユーザ名を入力してください
FST_Password-PELO マイページのEAパスワードを入力してください
FST_Magic95214455同一口座で他EAを併用する場合、数値が被らないように適正設定してください
FST_Lots0.1FST_MM (複利設定) オフで単利運用をする際のロット
FST_MinLotsとFST_Lotsのどちらか高い方が単利運用時のロットに適用されます。0.1未満のロットで運用を行いたい場合は、両方の値を同時に設定してください。
バックテストを行い、ご自身の資金量に対するロット数を算出してください。
13年間のバックテストで破綻しなかった設定 : 10万円あたり0.1ロット (1万通貨)
推奨必要証拠金 : 0.1ロット(1万通貨)あたり20万円以上
FST_MMtrue複利設定 falseで複利機能オフ, trueで複利機能オン
複利機能をオンにすると、 FST_MinLotsとFST_MaxLotsに設定した範囲内で、総証拠金量とFST_MMRiskで設定した複利割合にしたがって、ポジション量が自動で変化します。
単利運用を行いたい場合はFST_MMをfalseに設定することで、 FST_Lotsに設定したロット数がそのままポジションに反映されます。
FST_MMRisk3.0FST_MM (複利設定) オンの場合、値を増やすほど複利割合が大きくなります。最大でも5にしてください
FST_MinLots0.1FST_MM (複利設定) オンの場合の最小ロット
バックテストを行い、ご自身の資金量に対するロット数を算出してください。
13年間のバックテストで破綻しなかった設定 : 10万円あたり0.1ロット (1万通貨)
推奨必要証拠金 : 0.1ロット(1万通貨)あたり20万円以上
FST_MaxLots50.0FST_MM (複利設定) オンの場合の最大ロット
FST_SL150.0Stop Loss (損切り) 値幅。 150 = 150 pips ロジック上、設定値幅に達さずとも損切されることがあります。
FST_TP30.0Take Profit (利確) 値幅。 30 = 30 pips ロジック上、設定値幅に達さずとも利確されることがあります。
FST_MaxSpreads2.5許容スプレッド デフォルト値では2.5pipsよりもスプレッドが広い場合エントリーしません。
FST_EnableAggressiveModefalse売り方向のエントリも積極的に行い利益を追求するモード (trueで有効)
falseにするとv1.xx~までのFOREXSTのような、勝率重視寄りの動作になります。
FST_EnableRecoveryModetrueトレードで負けが発生した場合、元の証拠金に回復するまでリスクを取ってlot数を2倍にするモード (trueで有効)
(2倍, 4倍, 8倍, 16倍.... のようなマーチンは行われず、最大lot数が設定lotの2倍を超えることはありません。)
FST_MaxTrades0ロジックあたりの取得ポジション数を指定します。0を指定するとポジション数を制限しないモードになり、それ以外の数値では最大ポジション数の指定が行われます。
0を指定した場合の最大ポジション数は、13年間のバックテスト期間において15-20前後です。
FST_Digits10.01枚単位でエントリーされたい方は、FST_Digitsを2にしてください
FST_StartHour19EAの稼働時間帯設定 稼働開始時間
FST_StartHourならびにFST_EndHourの設定はエントリ条件のみにかかるもので、決済注文は両設定に関わらず常時機能します。
夏時間はGMT+3, 冬時間はGMT+2を基準にしています。日本はGMT+9ですから、夏時間の場合設定値に6時間をプラスしたものが日本時間です。
FST_EndHour7EAの稼働時間帯設定 稼働停止時間
夏時間はGMT+3, 冬時間はGMT+2を基準にしています。日本はGMT+9ですから、夏時間の場合設定値に6時間をプラスしたものが日本時間です。
FST_StartMonth1何月からトレード開始するか (FST_StartDayと組み合わせて設定)
FST_StartDay1何日からトレード開始するか (FST_StartMonthと組み合わせて設定)
FST_EndMonth12何月にトレードを停止するか (FST_EndDayと組み合わせて設定)
FST_EndDay31何日にトレードを停止するか (FST_EndMonthと組み合わせて設定)

上記トレード期間の設定では、12/31から1/1の期間トレードを行いません

 

 

重要 : 設定の最適化について

FOREXST v2よりパラメータ数が増加し、多様な資金量や取引スタイルでも、それぞれに最適な設定が見つけられるようになりました。

そのため稼働にあたっては自身の環境に基づいたバックテストを行い、取引の傾向に納得してから運用を開始するようお願いいたします。

 

パラメータ最適値の求め方はこちらを参照ください。

 

 

 

2005.01.10 - 2018.05.18 の期間のバックテストで良好な成績を出したパラメータ (資金量 $10000 = 約100万円の場合)

パラメータ名
FST_PELOWalletAddress-
FST_UserName-
FST_Password-
FST_Magic95214455
FST_Lots0.1
FST_MMtrue
FST_MMRisk3.0
FST_MinLots0.1
FST_MaxLots50.0
FST_SL150.0
FST_TP30.0
FST_MaxSpreads2.5
FST_EnableAggressiveModefalse
FST_EnableRecoveryModefalse
FST_MaxTrades5
FST_Digits1
FST_StartHour19
FST_EndHour7
FST_StartMonth1
FST_StartDay1
FST_EndMonth12
FST_EndDay31

 

 

自動売買の停止・再開

画面上部の「自動売買」ボタンをクリックすることで、稼働状態のオン / オフが可能です。

自動売買ボタンがONの状態 (押下され、緑色の再生マークがついている状態) にも関わらず、

チャート右上の表示がニコニコマークになっていない場合は、当マニュアル内 MT4の環境構築 -> EAのセットアップ -> EAの設定内のstep. 01の手順または下記手順を実行してください。

MT4 メニューより、ツール -> オプション -> エキスパートアドバイザを選択し、「自動売買を許可する」ならびに「DLLの使用を許可する」にチェックをいれてください。

2018-06-18_20-34-13

 

バックテスト

バックテストとは

過去の値動きデータを利用し、EAがどのように稼働するのかを確認するのがバックテストです。

バックテスト専用環境の構築

MT4では、アプリケーションひとつにバックテスト・相場分析用の設定とトレード用の設定が共存できません。

そのため、バックテスト・相場分析とトレードを同時に行いたい場合は専用の環境構築が必要です。

また、MT4デフォルトのバックテスト環境は精度がよくないため、ここではカスタマイズした環境構築の方法を説明します。


step. 01

こちらより新しくMT4をダウンロードし、インストールを行ってください。

インストールしたバックテスト用のMT4を起動するとログイン画面が表示されます。

「新しいブローカを追加します」を選択し、トレード用MT4アカウントの対応サーバを入力、「次へ」を選択してください。

次の画面で「既存のアカウント」ラジオボタンを選択し、トレード用MT4アカウントのログインID / パスワードを入力、「完了」を選択してください。

2018-06-23_15-19-08

 


step. 02

バックテスト用MT4へのログインが完了したら、メニューよりツール -> オプション -> サーバー タブを選択し、「プロキシサーバーを有効にする」にチェックをつけてください。

つぎに「プロキシ」を選択し、「サーバー」欄に任意のアルファベット4文字以上を入力して「OK」を選択してください。

この作業はブローカのチャートデータを読み込まないようにするものです。以降ステータスに「回線不通」と表示されますが問題ありません。

2018-06-23_15-57-39

 


step. 03

MT4メニューより、ツール -> オプション -> 「チャートタブ」をひらき、「ヒストリー内の最大バー数」ならびに「チャート内の最大バー数」を「2147483647 」に変更してください。

2018-06-23_09-11-53

 


step. 04

バックテスト用のMT4で当マニュアル内 EAのセットアップ -> EAのインストールを行ってください。

 


step. 05

MT4上でFXブローカが提供するヒストリカルデータは、表示できる期間に制限があります。また、MT4上の「ヒストリーセンター」からダウンロードできるMetaQuotes社提供のヒストリカルデータは精度に問題があります。 ここではFXDD社の1分足ヒストリカルデータを個別にダウンロード・MT4にインポートを行い、そこから他時間足をつくる、作業難易度と精度のバランスがとれた方法を紹介します。

 

なお、FXDD社のヒストリカルデータでは近年のフォワードテストとバックテストでほぼ結果が一致しているものの、

一部Badtick (データ不整合) の箇所があり、長期間のバックテストで損益に影響が出ることがあります。

以下に該当する日時を含めたバックテストを行う場合は、その点を承知のうえ結果を参照してください。

Badtickの修正方法

後日追記

以下URLにアクセスして画面中ほどの「USD/JPY」を選択し、任意のフォルダに「USDJPY.zip」をダウンロード・解凍してください。解凍後のファイル名は「USDJPY.hst」です。

FXDD 1999年- 1分足ヒストリカルデータ

1529672013525


step. 06

バックテスト用MT4のメニューより、ツール -> ヒストリーセンターを選択してください。

FX Majors -> USDJPY -> 1分足 (M1)を選択し、「インポート」を選択してください。

「ファイル名」欄の「参照」を選択し、step. 05で解凍した「USDJPY.hst」を選択し、OKをクリックしてください。

「ファイル名」欄横のドロップダウンリストより、「MetaQuotes files (*.hst)」を選択する必要があります。

ロウソク足データのロードが始まります。読み込みが完了したら「OK」をクリックし、次の画面でヒストリーセンターを閉じてください。

2018-06-23_16-31-29_

 


step. 07

バックテスト用MT4を再起動してください。

メニューより、ファイル -> オフラインチャートを選択し、リストから「USDJPY,M1」を選択、「開く」をクリックしてください。

USDJPY1分足のオフラインチャートが表示されます。

2018-06-23_17-58-16

 

 


step. 08

step. 07で表示されたチャートに、ナビゲーターウィンドウ -> スクリプトから「PeriodConverter」をドラッグドロップしてください。

「パラメーターの入力」ウィンドウが表示されます。変数「Period multiplier factor」の値を「5」に変更し、OKをクリックしてください。

再度PeriodConverterのドラッグドロップを行い、次は値を「15」に変更し、OKをクリックしてください。

この値の変更を「5, 15, 30, 60, 240, 1440, 10080, 43200」の計8回分行ってください。以下アニメーションでは「30」まで行っています

2018-06-23_17-52-03

 


step. 09

メニューより、ファイル -> オフラインチャートを選択し、

リストにUSDJPY, M1, M5, M15, M30, H1, H4, Daily, Weekly, Monthly の9種類が存在することを確認してください。

2018-06-23_18-04-51

 

 

これで推奨環境の構築は完了です。お疲れ様でした。

 

バックテストの設定

step. 01

MT4 メニューより、表示 -> ストラテジーテスターを選択してください。

2018-06-21_21-06-09

 


step. 02

とりあえずバックテストを行ってみたい、という方は、以下画像と同じように設定を行い、「スタート」をクリックしてください。

1529745125416

 

アルファベットに対応する項目の説明は以下のとおりです。

  1. バックテストを行う対象のEAを指定する箇所です。「エキスパートアドバイザ」を選択し、「FOREXST.ex4」を選択してください。
  2. バックテストを行う通貨ペアを指定する箇所です。FOREXSTでバックテストを行う場合、「USDJPY」を選択してください。
  3. バックテストを行うメソッドを指定する箇所です。FOREXSTでバックテストを行う場合、「始値のみ」を選択してください。
  4. バックテスト期間を指定する箇所です。ご希望の開始日 / 終了日を設定してください。
  5. 「ビジュアルモード」にチェックをいれると、バックテストの実行にあわせてチャートが描画されます。基本的にオフにしてください。
  6. バックテストの速度を指定する箇所です。スライダをいちばん右に固定することで最速で結果を得ることができます。
  7. バックテストを行う時間足を指定する箇所です。FOREXSTでバックテストを行う場合、「M5」を選択してください。
  8. バックテストを行うスプレッドを指定する箇所です。数値は10 = 1 pipsとなります。ブローカのスプレッドにあわせて設定してください。
  9. バックテストの最適化を行うためのチェックです。使い方は「バックテストの最適化」項で説明します。基本的にオフにしてください。
  10. バックテストを行う際の詳細なパラメータ設定。step. 03で解説します。
  11. クリックするとバックテストを開始します。

 


step. 03

step. 02の画像「番号10」内の「エキスパート設定」を選択すると、以下の画面が表示されます。

「テスト設定」, 「パラメーターの入力」の2つにわけて説明します。

 

テスト設定

ここでは主に初期証拠金の設定を行います。

USD換算ですから、100万円の資金を想定してバックテストを行いたい方は10000 USD, 10万円の資金を想定の方は1000 USDを設定してください。

ポジション・最適化欄についてはデフォルトで問題ありません。

1529614234007

 

パラメーターの入力

ここではバックテストを行う際のパラメータを設定することができます。

赤枠内の「値」の部分に、テストを行いたいパラメータを入力のうえ、「OK」を選択してください。

つぎに、step. 02で解説した、「スタート」をクリックしてください。

1529615445572

 


step. 04

しばらくお待ちいただくと、効果音とともにバックテストが終了します。

バックテストの結果は、「結果」, 「グラフ」, 「レポート」, 「操作履歴」の4つからなるタブから確認することができます。

以下に見方の説明を記載します。

 

結果タブ

時系列に沿った注文の履歴です。「取引種別」欄の「close」は決済注文です。

どのようなタイミングで注文を出したり、指値・逆指値の数値をどれくらいに変更したかを確認することができます。

2018-06-22_17-32-05


グラフタブ

損益のグラフです。縦軸は残高, 横軸は取引回数をあらわします。

あくまで参考程度になりますが、結果的に利益が出ていてもグラフの上下動が激しいものだと、それだけ一時的な資金の落ち込みも大きいといえます。

2018-06-22_17-32-32


レポートタブ

MT4固有、もしくはあまり馴染みがないと予想される項目についてのみ下の表で解説します。

2018-06-22_17-33-08

 

名称意味
テストバー数バックテストを行ったロウソク足の本数です。
モデルティック数バックテストで利用したティックの数です。
モデリング品質「始値のみ」を利用した場合 n/a になりますが正常です。それ以外のメソッドでは90%が正常とされます。
不整合チャートエラーチャート上でエラーが発生した回数です。
プロフィットファクタ総利益 / 総損失で求められます。 長期間のテストで2前後であれば優秀と判断するひとつの材料になります。
期待利得総純損益 / 総トレード数で求められます。1取引あたりに期待できる利益額 (ドルベース表示) です。
絶対ドローダウン初期証拠金の位置から、最も大きい損失を出したときの数値です。開始時期の条件によって変動するのであまり参考にはなりません。
最大ドローダウン最も証拠金が多い位置から、最も大きい損失額を出したときの値です。金額ベースとなるため、単利 (FST_MMがfalseのとき) 以外では数値の信用度が減少します。
相対ドローダウン最も証拠金が多い位置から、最も大きい損失割合を出したときの値です。比率ベースとなるため、最大ドローダウンの数値とあわせて見ることが重要です。

 

レポートタブで右クリック -> レポートの保存 -> 任意のフォルダに保存 を選択することで、htmlファイル (web形式)でレポートが保存され、同時にご利用のブラウザでレポートが表示されます。

一覧性が高く便利ですが、htmlレポートの共有を行う際には、「パラメーター」欄の「FST_Password」が隠れるよう編集を行ってください。

2018-06-22_20-25-56_

2018-06-22_17-41-20

 

 


操作履歴

EAによって行われた処理が表示される箇所です。基本的には「結果」タブを見れば事足りるでしょう。

2018-06-22_17-33-36

 

 

パラメータの最適化

ここでは資金量に対するポジション数 (FST_MaxTrades) の最適値の求め方を解説します。

他のパラメータの最適化を行いたい場合は、「FST_MaxTrades」を適宜他のパラメータに読み替えてください。

 


step. 01

MT4 メニューより、表示 -> ストラテジーテスターを選択してください。

2018-06-21_21-06-09


step. 02

エキスパートアドバイザに「FOREXST.ex4」を選択した状態で、「エキスパート設定」に進んでください。

1547457374625


step. 03

「テスト設定」タブの「初期証拠金」欄で、ご自身が運用する証拠金額を入力してください。

1547457605244

Q : 証拠金20万円で最適値を見つけたいです。どうすればいいですか?

A : USD換算での入力となるため、20万円の資金を想定する場合は「2000 USD」になるよう入力してください。

なお、バックテストはあくまで過去の値動きに対してロジックを適用したものです。未来において同じような結果を保証するものではありません。

そのため、バックテストで破綻が起きなくても、バックテスト時証拠金の2倍程度の証拠金で実際の運用を行うことをおすすめします。


step. 04

「パラメータの入力」タブに移動し、最適化を行いたいパラメータにチェックをいれてください。

なお、この解説では「FST_MaxTrades」の最適化を行うため、設定値を次のように入力しOKをクリックしてください。

この例では値を0 (スタート) から10 (ストップ) まで、1刻み (ステップ) で10通りのバックテストを行い、その中から最適な値の検出を試みます。

変数スタートステップストップ
FST_MaxTrades00110

1547459050288


step. 05

以下の画像と同じように設定し、「スタート」をクリックしてください。

1547461253889


step. 06

バックテストが終了すると、以下のような結果画面が表示されます。 (画像は利益の大きさ順)

このようにパラメータの最適値を求めることで、より自身のニーズにあった取引戦略を立てることができます。

1547553820045

 

スタイルに合わせた最適化の例

ストップ位置は浅めが好み・多ポジションを取りたくないリスク回避志向の場合は以下のようなパラメータを選択して最適化を行うと、好みのスタイルの範囲内で最適な値を算出することができます。

1547636116644

内容

これら複合的な条件から最適な値を算出します。

 

※なお、搭載されているロジックによってパラメータ値には向き・不向きがあります。

ストレスを減らす設定 = 利益が出る設定ではないことを留意ください。

 

上記内容で最適化を行い、もっとも獲得利益が多かった設定のバックテスト結果

1547726339554

 

 

バックテストのコツ

後日詳細追記

短い期間 (~1年) でのバックテストは結果に偏りが発生しやすいです。最低でも5年程度の期間でテストを行うことで、利益を得やすい相場・損失を出しやすい相場の両方に対応する設定を算出しやすくなります。

 

また、特定の期間に大きいドローダウンが発生しているからといって、その期間取引を行わないように省いてしまうのはカーブフィッティングという、バックテストを行う際に陥りやすい現象です。

包括的なドローダウンの原因をパラメータで潰すことができれば良いですが、ミクロ視点 (1トレードあたりなど) でパラメータ調整を行うと、短期的に高い利益を得られるように見えても、フォワードテストで実際の運用を行うと思うようにいかないことが多いです。

例えば下の画像はどちらも同じ期間(約半年間)のバックテスト結果で、パラメータはほとんど同じですが、成績には大きく差があります。

しかしながら長期間のバックテストや、フォワードテストでは必ずしも左側が良い結果を出すとは限りません。

バックテストでわかるのは過去の値動きだけですから、パラメータを求める際には、できるだけ色々な状況で利益を出すものを選ぶことをおすすめします。

 

2018-06-23_18-45-50_

 

 

フォワードテスト

過去の値動きデータを利用するバックテストに対し、リアルタイムの値動きを利用してテストを行うのがフォワードテストです。

常に現在のデータを利用して取引するため、利用を開始する前の性能評価のほか、ご自身の環境とフォワードテスト環境で決済やポジション状況などを比較することが可能です。

 

FOREXSTではMyFxBookというサービスを利用し、フォワードテスト状況の公開を行っています。

こちらのリンクにアクセスすることで、以下画像のように取引履歴の分析を行うことができます。

1554556846718

 

ポイント

FOREXSTのフォワードテストでは、同一口座内で3つの異なるパラメータを稼働させています。

以下がそのパラメータです。

params

myfxbookでは稼働パラメータごとの取引成績や、稼働パラメータを組み合わせた取引成績も確認することができます。

以下がその確認方法です。

2019-04-06_22-24-46

 

Q : 自分の口座では注文 / 決済がされましたが、フォワードテストではされていません。なぜですか?

A : myfxbookの情報は必ずしもリアルタイム更新されるわけではありません。情報の最終取得時間は以下画像の箇所に表示されています。

マーケットが開いているときは、おおむね30分 - 1時間程度更新までに時間がかかるようです。

また、稼働している環境によってポジション状況には差が発生します。これは取引の仕組み上避けられない現象です。

1554557626937

VPSの利用・業者選択

VPS (MT4を安定稼働するための専用の場所・専用PCのレンタルサービス) の利用は必須ではありませんが、自宅のPCでMT4を稼働する場合、故障・停電・人的アクシデント・天災等に対するリスクがVPS稼働と比べて高くなります。

(VPSは災害や故障対策などが一般的な家庭より高いレベルに保たれています)

VPSを利用すると、ご自宅のPCを起動していなくともEAの稼働が可能となります。

また、EAはPC上でMT4が起動している時のみ自動売買を行います。EAの常時稼働をお考えの際はVPSの契約をおすすめします。

 

業者名 / リンク料金 / 月 (年払い)備考
使えるねっと FX専用VPS2480円~USリージョン有
お名前.com デスクトップクラウド for FX2160円~TitanFXとの相性が悪い報告が複数あるため紹介取りやめ
ABLENET 仮想デスクトッププラン1600円~ 
joe's クラウドサービス Windows 1Gプラン1042円~ 
BEEKS VPS Bronze Package約4000円~ (ポンド換算) 

※すべてキャンペーンを除いた価格を表示しています。

為替で使われる用語について

 

こちらで解説しているのは非常に簡易なものです。

詳細を検索エンジンで 為替 [調べたいキーワード] 等で検索していただくことでも情報を得ることができます。

指標

経済指数の発表など、通貨の強弱に影響を及ぼす発表のことです。

こちらから発表される時刻や、過去の変動幅などを確認することができます。

雇用統計

指標の一種です。毎月第一金曜日の21:30に発表されます。

重要指標のため、大きい値動きが発生することが比較的多いです。しかし、スプレッドが大きく開くことや非常に強い値動きによるロスカットリスクなどがあるため、慣れるまではこの時間の取引はおすすめしません。

スプレッド・SP

注文時に発生する売値と買値の価格差、それによって発生する取引手数料のことです。買い注文から入った場合にはAsk価格で約定され、売り注文から入った場合はBid価格で約定されます。

IB

スプレッド手数料の一部を、取引毎にキャッシュバックという形で顧客が受け取れる仕組みです。

以下図のような形が一般的なブローカとユーザの関係です。この仕組みを利用することにより、取引手数料の削減が望めます。

1533548387253

ブローカ

為替のマーケットとユーザを取り次ぐ業者です。

lot

発注単位です。日本では枚数で数えることもあります。国内ブローカでは1 lot = 1万通貨, 国外ブローカでは1 lot = 10万通貨のケースが多いです。

しかし、ブローカごとに表示が異なることがあるため、発注前に確認することをおすすめします。

フォワードテスト

リアルタイムのチャートを利用してEAの稼働をテストすることです。

過去のチャートを利用してEAをテストすることをバックテストと呼びますが、それでは得られない損益データ (スプレッドの揺らぎなど)を得ることができます。

複利

投資で得た利益を再投資にまわし、トータルの損益額を増やしていくことです。

ハイレバ

高いレバレッジ倍率のことです。日本国内のレバレッジ上限は25倍のため、それと比較して高いレバレッジ (100倍以上)を指すことが多いです。

最大レバレッジ (ブローカで設定可能なレバレッジ値の上限)と、実効レバレッジ (総証拠金を取ったポジション額で除算した値)の意味は異なります。

ゼロカット

総証拠金以上の損失が出た場合、マイナス分の損失を無かったこと (ゼロ) にする仕組みです。

採用しているのは全て海外ブローカで、2018年8月現在国内ではそのような仕組みがありません。

 

 

 

トラブルシューティング・FAQ

トレードを行わない

当マニュアル内 1.4.1 自動売買の停止・再開 を参照のうえ、設定が確実に行われているかご確認ください。

設定に問題がなかった場合は、単にEAのロジック上、エントリータイミングを満たしていないだけの可能性が高いです。

13年間のバックテストでの取引回数は約3000回となっていますが、これは平均して1日あたり約1回のエントリーを行う計算です。

どんな相場でもトータルで利益を出せるように構成した結果この取引回数となっているため、安易にエントリーを増やすような設定を行うと損失につながる可能性も上昇します。十分ご注意ください。


ご利用のブローカによって配信されるチャートやスプレッドが異なるため、TitanFXで稼働しているEAで注文が発生していても、それ以外のブローカで稼働しているEAでは注文が発生しない可能性、またその逆の可能性があります。

これは暗号通貨でいう取引所による違いのようなもので、たとえばbitFlyer FXとBitMEX FXで同一ロジックのBOTを運用しても、タイミングや損益に差異が発生することと仕組みは同じです。

 

 

EAの認証に失敗する

PELO マイページの「EA稼働口座番号」に、対応する口座とは別の口座番号を入力されている可能性が高いです。

口座番号をご確認のうえ、サポート窓口までご連絡いただくようお願いいたします。

 

 

 

 

PELO裁量支援ツール(仮)利用ガイド

 

ツールのセットアップ

 

インストール

step. 01

PELO マイページにログインし、「PELOFxToolsダウンロードURL」リンクから「PELOFxTools.zip」をダウンロードしてください。

こちらのURLより「PELOFxToolsAU.zip」をダウンロードしてください。 (https://pelo2coin.com/wp-content/TMs/BTCST/PELOFxToolsAU.zip)

 


step. 02

ダウンロードしたPELOFxTools.zipをひらき、すべてのファイルを任意のフォルダに解凍してください。

つぎに、解凍先フォルダ内の「PELOAutoUpdater.exe」を実行してください。

以下のようなダイアログが表示されますので「はい」をクリックすると自動でご利用のMT4環境にツールのインストールが行われます。

1542710371892

 


step. 03

MT4を起動し、左下の「ナビゲーター」ウィンドウ内の「エキスパートアドバイザ」をダブルクリックしてください。

次に、「エキスパートアドバイザ」を右クリックし、「更新」をクリックしてください。

エキスパートアドバイザ一覧に「PELOFxTools」が追加されていることを確認してください。

2018-10-05_17-04-14

 


step. 04

MT4 メニューより、ツール -> オプション -> エキスパートアドバイザを選択し、「自動売買を許可する」ならびに「DLLの使用を許可する」にチェックをいれてください。

2018-06-19_02-31-09

 


step. 05

MT4を再起動し、MT4「ファイル」メニュー -> 新規チャート -> USDJPYを選択し、

開かれたチャートの時間足を「M1 (1分足)」に設定のうえ、「ナビゲーターウィンドウ」内の「PELOFxTools」をドラッグドロップで適用してください。

1分足への変更の仕方

1542701025638

FOREXSTと同じく、パラメータ入力ウィンドウが表示されます。 「PELOFxTools_Password」には、PELOマイページに表示されているEAパスワードを入力してください。

入力後、OKをクリックでツールの画面が表示されます。これでインストールは完了です。

現状ベータ版のため、利用権限の範囲を「FOREXST用パスワードをお持ちの方で、FOREXST利用口座での稼働」としておりますが、こちらは今後変更される可能性があります。

 

2018-10-05_17-46-07

 

各部名称・概要

ここでは区画ごとにFOREXSTの機能について解説を行います。

1542796463035

区画の色分け

赤枠 -> ツール共通設定です。

緑枠 -> ツールの詳細設定・メインパネルです。

 


 

1. 共通設定

 

2. ナンピン管理

1542696949095

重要

この機能は「簡易チャート」が表示されていない場合、正常に動作しません。

利用する前に簡易チャートをご確認いただき、表示されていない場合は「ヒストリー管理」タブより「ダウンロードと自動構成」を実行してください。


 

3. バスケット管理

1542698706464

Q : バスケットとはどういう意味ですか?

A : 単一の銘柄を対象にトレードを行うのではなく、複数銘柄をまとめ、その損益の総和を見てトレードを行うスタイルを指します。

インデックスやETFの仕組みと近似しており、為替では銘柄を通貨ペアに置き換えて考えます。

主なメリットは複数の通貨でポートフォリオを組むことにより、特定の通貨ペアの上下に収益機会を依存しなくなることです。

また、全体の総和を見て、弱い通貨ペアを切るといったような方法をとるので、損切りのメンタルコントロールがしやすいことが挙げられます。

デメリットはポジション管理の複雑さですが、PELOのツールはそこを補います。

 

4. ヒストリー管理

1542798244679

 

 

 

5. その他

未実装

6. 通貨ペア選択

1542698909054

ご利用のMT4ブローカで取引可能な通貨ペアが一覧表示されます。

時間足 (M1 ~ MN1) もしくは通貨ペアを選択すると、ツールを適用したチャートの通貨ペア / 時間足が選択したものに変更されます。

右上の「フィルタ」欄に通貨名を入力することで、表示を絞り込むことができます。

[ USD ] を入力した場合。USD (ドル) ペアが絞り込み表示されます。

1542752305351

 

7. オーダー

1542796373781

 


建値逃げとトレーリングストップ

主に損失を限定しながら利益を伸ばすために利用する機能です。
似たような機能ですが、建値逃げは主に指標・裁量トレードで利用され、損失を限定することを重視した守りの機能という側面が強い一方、
トレーリングストップは利益方向へのトレンドが形成された場合、できるだけ利を伸ばすために利用する攻めの機能といえます。

 

 


指値/逆指値注文

1542780898453

1542780608173

 


指標トレード用設定

1542781068075

1542784910578


 

 

8. 基本設定

1542699010512


 

9. 簡易チャート

1542699067435

あらかじめ複数の移動平均線が表示されたチャートです。

この項目 (チャート) が正常に表示されない場合は、ヒストリー管理タブより「ダウンロードと自動構成」を選択し、

表示されるダイアログにしたがって操作を行ってください。

 

10.ログ

1542699097440

ツールの動作状況や注文情報を表示する箇所です。

 


 

基本的な使い方

 

ナンピンストラテジー (仮)

 

利用までの流れ

  1. バックテストを行い、どのような動きでトレードを行うのかをあらかじめ確認します。
    動作を理解することでポジション保有中の心理的なストレスが軽減されることを見込めます。
  2. パラメータを設定後、位置確認機能を利用して、現在の相場では実際の指値がどの位置に入るかを確認します。
    1.と同様、あらかじめどのような戦略のトレード傾向になるか想定することで、ポジション保有中の心理的なストレスが軽減されることを見込めます。
  3. 実際に動的仕込機能を利用してトレードを開始します。適宜ポジション一覧をチェックし、バスケット内を把握しておくことをおすすめします。

 


バックテスト準備~実行まで

バックテストの準備を行います。既にPELOFxToolsはMT4にインストールされているものとします。

  1. PELOFxToolsが適用されているチャートが存在する場合は、そのチャートを閉じてください。
    1543136198218

  2. MT4 表示メニューより、「ストラテジーテスター」を表示させてください。
    1543136328450

  3. 表示されたストラテジーテスターを以下の通り設定し、「スタート」を押してください。
    なお、開始日 / 終了日は自由に指定することができます。
    1543227523359

  4. バックテストが開始されると同時に、PELOFxToolsの画面が表示されます。
    「バスケット管理」タブを選択し、以下の設定に合わせ「適用」をクリックします。
    1543228043892

    1. つぎに「ナンピン管理」タブを選択してください。
      以下の基本設定に合わせ「適用」をクリックすると、動的仕込が稼働します。
      1543227986641

    2. 「簡易チャート」タブと「O/P情報」を選択し、取引の経過がわかる状態にします。

      ここで相場の変動に対するポジションの入り方・含み益と含み損の移り変わり・設定ロットと損失額の関係の傾向をつかむことで、

      本稼働時の挙動が想定できないトレードを発端とする、いわゆる「お祈りトレード」状態に陥ることを避けやすくなります。
      以降はストラテジーテスターをストップするか、設定した終了日に達するまで売買のテストが行われます。

      1543228817566

    3. バックテスト中、ウィンドウのフォーカスをツールにあわせると、以下のショートカットキーを利用することができます。
      裁量での建玉調整を含めたテストや、アグレッシブに利益を取る売買のテストを行う際などにご活用ください。

ショートカットキー (バックテスト中のみ有効)効果
Alt + ↑成行買い
Alt + ↓成行売り
Alt + PageUpナンピンストラテジー 買い方向仕込みスタート
Alt + PageDownナンピンストラテジー 売り方向仕込みスタート
Alt + End全決済
Alt + Numpad +プラス分のみ部分決済
Alt + Shift + Numpad +プラス分のみ全決済
Alt + Numpad -マイナス分のみ部分決済
Alt + Shift + Numpad -マイナス分のみ全決済
Alt + Deleteすべての待機注文取り消し
Alt + ←すべての待機注文取り消し + ナンピンストラテジー 動的仕込みストップ
Alt + →ナンピンストラテジー を同一方向のまま開始(再開時や手動仕込み直しの際に使用する)
Alt + Homeポジション全決済 + すべての待機注文を取り消し + ナンピンストラテジーをドテン

 

Q : バックテストをスタート後、管理タブで「適用」を押すとバックテストが終了します。

A : 回線不通状態になっていないかお確かめください。

なっていた場合、FOREXSTのバックテスト環境構築より、「プロキシサーバーを有効にする」からチェックを外すことで裁量ツールでのバックテストが行えます。

1543346110263

Q : 簡易チャートが表示されません。

A : ヒストリー管理タブより「ダウンロードと自動構成」を行い、ヒストリーデータを更新してください。

 

Q : ショートカットキーの使い方を教えてください。

A : ツールに慣れるまでは主に買い・売り方向を決めるAlt + PageUp / PageDownと、Alt + Endの全決済のみ利用するのがわかりやすいでしょう。

相場が上昇傾向にあるときはAlt + PageUpで買い仕込みを、下降傾向にあるときはその逆を行います。

また、利が十分のったと感じたり、移動平均線を逆の方向に抜けるなど、相場の向きが変化したと感じた時点でAlt + Endを使い全決済を行います。

2018-11-28_05-45-53_ 上の図を例にとると、以下のような状況が発生しているためロングを全決済、売り方向の仕込を開始 という具合です。

※あくまで移動平均線を軸にチャートを見たときの一例です。

 


パラメータの設定~指値位置の確認

準備中

 


実稼働の開始

準備中

 

指標トレード

経済指数の発表など、通貨の強弱に影響を及ぼす発表をまとめて指標と呼びます。

発表直後は瞬間的に大きく値が動くことが多いため、ツールによってリスクを限定することで優位にトレードを行うことができます。

 

基本的な流れ

  1. 指標が発表される日時を確認します。
  2. ツールに指標にあわせた利確・損切幅や、注文する時間などをセットします。
  3. 実際の動きを確認し、裁量で利確を行うか、ツールに利確を任せるかを選択してください。

 


詳解

エントリする指標の選定・日時の確認

指標にも値動きに与える影響の大小が存在します。指標トレードは大きな動きを前提とした取引方法ですから、当然値が動かない指標に対する優位性はありません。

そのためよく動く指標に的を絞ることが損益に強く影響します。ここではつぎの外部サイトを利用してエントリする指標を選定します。

経済指標カレンダー|みんかぶFX

 

はじめは以下の手順で上記サイトを確認・指標を選定するのがよいでしょう。

基本的にはこの流れを繰り返して指標を選定します。

絞り込むと思ったよりエントリできる回数が少なく (月に数回) なりますが、はじめに書いた通り「よく動く指標に的を絞る」ことが重要です。

ある指標で利益が出たからといって、すべての指標にエントリしようとするのは得策ではありません。

1543354065489 

Q : 指標の内容や結果・政策などのニュースチェックはどこですればいいですか。予想の仕方を教えてください。

A : 予想はできません。このツールを使った指標トレードは、どちらに動くかの推測を立てたり、発表された内容を即座に分析してポジションを取るようなものではありません。

結果を知るスピードや分析で優位をとることは一般のトレーダーには不可能です。関係者やアルゴには100%遅れをとります。

また、結果が良くても値は下落するような相反する動きもよく起こります。

これらのことから、単に値動きが強いイベントだと捉えて、動いた方向についていく心構えを持つことが重要です。

はじめは指標の結果や内容の良し悪しを評価することはノイズになるため、意識的に思考から外すのも良いでしょう。

 


指標にあわせたツールの設定

ここでは前述の項目で選定した指標にあわせ、ツールを設定・エントリ待機の状態にするまでを解説します。

なお、この項では

  1. 指標にあった通貨ペアのチャートを開く
    ツールの「通貨ペア選択」タブから選定した指標にあった通貨ペアを選択し、表示を変更してください。
    フィルタ欄に「AUD」と入力すると、適合する通貨ペアを絞り込むことができます。
    2018-11-29_16-14-13

Q : 色々な組み合わせがあり、どのペアを選べばいいかわかりません。

A : 以下の表を参考に、みんかぶで選定した指標の対象国の通貨がペアに入っているものから選ぶのがおすすめです。

対になる通貨はUSDもしくは場合によりJPYやEURがよいでしょう。

たとえばアメリカ指標の場合はペアにUSDが入っているもの、豪指標の場合はペアにAUDが入っているものを絞り込み、

次に絞り込んだ中から対になる通貨が [ USD / JPY / EUR ] のペアを選択します。

国名・表記一般的なシンボル名
米国 (米)・アメリカ・US ・USAUSD
ユーロ・EUEUR
日本・JP・JAPANJPY
英国 (英)・イギリス・UKGBP
豪・オーストラリア・オージーAUD
ニュージーランド・NZNZD
カナダ・CACAD

1543516202311

  1. 指標にあわせてツールを設定する
    ツールの「オーダー」タブと「基本設定」タブを指標用の設定に変更します。
    設定項目の詳細は個別の機能解説を参照してください。ここでは簡単な設定概要を掲載します。
    1543568210392
    1543567846669
    1543844116711

  2. 予約をして設定時刻まで待機する
    ここまで設定を終えたら、「逆指値両方 (指標用)」ボタンを押し、
    「O/P情報」で注文予約がされていることを確認したら設定時刻まで待機します。
    設定時刻の1分前にはMT4の操作ができる状態にしておきましょう。

    1543569947777

エントリ~決済まで

指標トレードを行うにあたっての注意点

指標トレードを続けていると、発表後しばらくすると発表前の値付近に戻ってくることが多いことに気づくかもしれません。

そのため、「どうせ戻ってくるのだから、損切りを設定して損失を確定させたくない」と考えることもあるでしょう。

事実、短期のスパンで見ると、損切りを設定しない方が勝率・損益ともに良い結果になることも多々あります。

しかしながら、もっとも避けるべきは、損切りによってリスクを限定せず、いずれ起こる「値が戻ってこなかったとき」に多大な損失を被ることです。

損切りが発生したとき、資金量に対しどれだけの損失が発生するのかを常に念頭に置いてトレードを行いましょう。

 

また、慣れるまでは損益にかかわらず、同一の指標で初動以外のエントリーはしない (利益も損失も指標につき1回に限定する) ことで、無用な損失を減らせる可能性が高いです。

 

※この動画は豪指標発表時の動きをリアルタイムで撮影・編集したものです。

ここまでの解説で掲載してきたパラメータとは異なった設定で取引しています。

また、テスト口座で稼働を行っているため、実際の値動きと異なることがあります。

動きの参考程度に留めてください。

 

[土日でも練習可能] トレード練習と成績分析

ここではトレード戦略の構築や、裁量取引への習熟、過去のトレードへの反省に最適な、

過去の値動きを利用して取引を行い、その成績を分析する方法の解説を行います。

なお、PELOFxTools (PELO裁量支援ツール) およびMT4のインストールは済んでいることを前提とします。

 

  1. ストラテジーテスターでPELOFxToolsを選択する。
    MT4ウィンドウで「Ctrl + R」を押し、ストラテジーテスターウィンドウを表示。
    「エキスパートアドバイザ」欄で「PELOFxTools.ex4」を選択してください。
    1552167050484

  2. テストしたい通貨ペア・期間・時間足を選択する。
    期間はあまり長くせず、最長でも1年程度に留めたうえで利用すると、後の成績分析が行いやすくなります。
    モデルは「全ティック」を選択してください。
    1552168024467

  3. ビジュアルモードを選択し、テストをスタートする。
    1554494757955

  4. 表示されたチャートウィンドウを見て売買 / 決済をする。
    チャートの進む速度は「ビジュアルモード」横のスライダーで変更することができます。
    表示されたチャートには任意のインジケータを適用することができます。
    売買は裁量ツールの「売り / 買い / 全決済」ボタン以外にも、以下のショートカットキーで行うことができます。

    ショートカット動作
    Alt + ↑成行買い
    Alt + ↓成行売り
    Alt + End全決済

    トレード練習の例

    実際はもっと低速から練習を始めることをおすすめします。

    まずは自分の「取引しやすいと感じるチャート形状」を見つけ、それが他の期間でも有効にはたらくかチェックすることで、トレードの洗練に役立てることができます。

    2019-04-06_07-24-01

  5. 結果を確認する。
    設定した期間が経過するか、テスターウィンドウの「終了」ボタンを押すと、レポートの表示画面に移行します。
    レポートの表示画面では、以下のような分析を行うことができます。

    • 自身の手法は平均的にどれぐらいの勝率と期待利得があるか
    • 想定するドローダウンと実際のドローダウンにはどれだけの差があるか
    • 勝率と平均の利確 / 損失額からレシオを算出し、自身の手法はどれだけの破産確率があるか

1554504707462